シェアハウスのルール

未分類

バラエティー番組やテレビドラマなどでよくテーマになっている「シェアハウス」。
多くのケースが他人同士で同居生活を送ることを指します。
ルームシェアは友達などの知り合いで同居生活をすることなので、シェアハウスのほうが難易度が高いと感じてしまうかもしれません。
ですが、シェアハウスでは”ルール”を決めて共同生活を行う、というのが一般的です。
さらに管理人が設けられていることもあり、トラブルを未然に防ぐためのさまざまな手立てがあるといえるでしょう。

以下に、シェアハウスでルール化していることが多い内容をご紹介します。

・恋人を連れ込まない
知らない異性は特に嫌がられる傾向にあるとのこと。
恋人に会う際は外で会うなど、気を配る必要があります。

・友達を呼ぶときは事前報告
友達が家に来ると、ついつい騒いでしまうもの。
同居人の迷惑になってしまいますので、あらかじめいつ連れてくるのかを報告しておきます。

・プライバシーを守る
勝手に他人の部屋に入らないということは大前提です。

・掃除は役割分担する
一方に負担が偏らないよう、共用部分の掃除は必ず役割分担となります。

・光熱費は定額制
定額制にしておけば、月々の負担で悩むことがありません。

・家賃、日用品は共有財布から
あまりお金のルールに細かすぎると続けられないので、家賃と日用品は共有財布や共同口座を作って管理します。

赤の他人同士が一緒に一つ屋根の下で生活するわけですから、どんなことがトラブルのきっかけになるかはわかりません。
だからこそある程度のルールを決めておき、それにしたがって生活をすることが重要です。

  • 1
  • 2

アーカイブ

2017年10月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031